教会はあなたの心の問題を解決するところです

宣教

海外宣教(台湾・高尾)

「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。」
(マルコの福音書 16:15)

私たちの教会からは、台湾(高雄市)に
堺宣教師ご家族が遣わされています。
 

【台湾宣教師】

堺 秀 一 & 理 恵 師

台湾高雄市三民區六合路3巷4號
Tel/Fax +886-7-225-7806
EMail:sakai.tw@msa.hinet.net
台湾宣教 ホームページへ

救いと召命の証し(堺 秀一師)
救いと召命の証し(堺 理恵師)

◆1992年11月~台湾宣教開始。
◆現在、台湾高雄市で平安聖經浸禮教會(平安聖書バプテスト教会)を伝道牧会中。
台    湾
 台湾には、日清戦争後から始まる50年間(1895年~1945年)の日本統治時代という過去があります。同時期、日本は他の国々をも統治し、そのため今なお反日感情を持っている国々は少なくありませんが、台湾では戦後の政治事情から、現在も多くの人々が日本統治時代は良かった、日本人は自分たちの同胞(はらから)と、その時を振り返り日本統治時代を評価されています。

 一方、日本統治時代に教育を受けられた、日本語を母語とする方々は高齢になっておられ、その方々への伝道を急務と認識し、私たちの伝道は日本語を使った伝道と、日本統治時代後の世代の方々へ北京語を使っての伝道を行っています。また日本時代に高砂族と呼ばれてた原住民の方々への伝道も同時進行で行っています。

 台湾の公称クリスチャン人口は10%(台湾全人口2300万人)と言われていますが、古くから台湾で伝道を行っているある教派の影響が大きく、クリスチャンと名乗りながらも福音を理解していない=救われていない方々が大半で、中には福音を聞いたこともないという方もおられます。新来者の大半がそのような方々ですので、福音を正しく理解され信仰告白へ導かれるまでは相当の忍耐と時間を要しています。

 高雄市だけでも人口153万人。「収穫は多いが、働き手が少ない。」との御言葉を思います。どこにあっても働き人は決して十分ではありませんが、特に台湾の場合日本人の宣教師を早急に必要としています。「収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるよう」共に祈って下さい。そして、どうぞ台湾という地理的にも心情的にも最も近い宣教地をご自分の目で見てみてください。

▲クリスマスイブ合同礼拝(教会の方々)
▲バプテスマ式 ▲高砂族(原住民のルバルバさん夫妻)
平安聖經浸禮教會(平安聖書バプテスト教会)

教会の礼拝・日曜学校へお気軽においで下さい TEL 093-473-0411 毎週日曜日10:30~12:45まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Calendar

2017年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGETOP
Copyright © Kokura Bible Baptist Church All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.